看護師の仕事内容|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

看護師の仕事内容

これから看護師を目指す人や、看護師のことについて勉強している人などは看護師の仕事の内容について知りたい人もいるでしょう。

 

一言で仕事内容と言いましても、昨今では医療の世界の発展が目覚しくその内容も実に多岐にわたります。

 

また、一昔前のように病院や診療所・クリニックといったところだけが看護師が仕事を行う場所ではなくなりました。 活躍の場はどんどん広がっていますので、一概にこういう仕事、と説明することは難しいことです。

 

よってここでは、主に病院では看護師がどういった仕事をしているのかについて、その内容をご紹介したいと思います。

 

まず、患者と対面して最初に行うことは問診です。 これは、患者のこれまでの生活や家族構成、既往歴などを知るためにとても大事なことです。 また、問診の際に顔色や話し方、声の出し方などを観察することで、病気の状態やどんな人であるかなどを読み取っていきます。

 

それから、入院している患者のバイタルチェックを行います。 体温測定、脈拍の測定、血圧測定、そういった一般状態を把握していきます。 また、必要であれば食事や排泄の介助、与薬、体位交換なども行います。

 

検査が入っている時には、検査説明やその介助、移送も行います。 また、点滴や注射の準備やその介助も行いますし、お風呂に入れない方のために清拭をしたり、入浴の介助を行ったりします。

 

看護師は患者のそばにいていつも援助や声掛けを行いますが、仕事はそれだけではありません。 ナースステーションに戻れば、様々な事務処理も待っています。

 

中でも一番大事なのは、看護記録をつけることです。 これは患者の状態を一定の決まりに則って記録していくもので、それを見ればひと目で患者の状態がわかるものでなくてはなりません。

 

よって、自分が働いた時間帯の受け持ちの患者の記録をきちんとつけておかないと、投薬が二重になってしまったり、検査をしたのかしていないのかが分からないなど、患者に負担をかけ業務にも支障をきたすことになりますので、しっかりつけなければなりません。

 

ほかにも、次の時間帯の人がスムーズに仕事が出来るように、申し送りも行われます。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧