看護師の年収・給料|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

看護師の年収・給料

ちょっと前なら、看護師は誰よりもお金を持っている、なんてよく言われたものですが、現在はどうなのでしょうか? 看護師の年収と給料について、少しまとめてみようと思います。

 

一口に、看護師の年収と言いましても、実に様々です。 と言いますのも、看護師の活躍の場が非常に広くなってきているので、一概には言えないのです。

 

病院に限って考えても、職場によって非常に差が大きいのですが、病院に勤めている看護師の年収は約400万〜600万といったところでしょう。 これは、毎月の手取りの金額とボーナスを合わせたおおまかな数字です。

 

正職として勤めているのなら、基本給の他に夜勤手当もつくはずですし、様々な手当てがあるはずです。 もしそれより安い場合には、転職を考えた方がいいのかもしれません。 一般の女性の職業から考えるとかなり高い水準にあると思いますが、年収400万を下回っているのは、病院に勤める看護師としては安すぎると思います。

 

また、看護師の給料は学歴や資格によっても左右されます。 例えば、看護大学を卒業して看護師になった場合と、3年の看護学校を卒業して看護師になった場合とでは基本給が異なります。 当然、看護大学を出た看護師の方が、2〜3万は基本給が高いことになります。

 

それから、正看護師と准看護師とでは給料に差があります。 この場合は、勤める病院によっても違ってきますが、やはり2〜3万の差はどうしてもつくことになってしまいます。

 

ほかにも、働いている地域によって給料に差が出ます。 例えば、東京の病院で働くのと沖縄の病院で働くのとでは前者の方が給料は圧倒的に多くなります。 だから、都会で働きたいという看護師が多いことも頷けますね。

 

あとは、役職で給料は違ってきます。 役職・職位がつくと、基本給に特別手当が付きます。 金額は病院の規模によって違ってきますが、大きな病院になればなるほど役職にかかる責任が重くなってくるので、その分給料も上がります。

 

さらには、いま目指している人が多いと言われる専門看護師や認定看護師の資格を取ると、資格手当がつくようになります。 資格を有したことである程度の責任を負う立場になりますので、給料はアップします。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧