看護師の夜勤残業|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

看護師の夜勤残業

仕事の時間帯、と言うとだいたい朝9時〜夕方5時まで、という勤務が多い中、看護師には夜勤という勤務帯が存在します。 そして、残業を余儀なくされている現状も、現実にあります。 ここでは、そんな看護師の夜勤や残業について述べてみます。

 

まず、看護師の夜勤帯の勤務は、病院に勤めている人の勤務ですね。 街の診療所やクリニック、そういった日勤帯だけのところには、夜勤はありません。

 

ただ、この夜勤がかなり看護師には負担になっている現状があります。 誰もがそうだと思いますが、いくら昼のうちに寝ていても、夜起きているのは肉体的にも少しだるいですよね。 看護師の場合は、それだけではなくて交代で勤務しています。

 

例えば、1日目は日勤、2日目は半日勤務した後、準夜勤、3日目は深夜勤、4日目は深夜明けで準夜勤、5日目はまた日勤、という様に勤務する時間帯がころころ変わり、それが常となっているわけです。

 

これで何が起きるかと言いますと、体がついていかなくなります。 つまり、規則正しい生活が出来ないので、体内でホルモンバランスが崩れるのと同時に体調不良が起こります。

 

そうなると、慢性的に疲労感が残ってしまいますし、精神的にも落ち込みが酷いときなどが出てきます。 ここまで来ると、もう仕事どころではなくなってきますよね。

 

もし、夜勤がとてもつらいのであれば、日勤だけの職場に変わってもいいと思います。 看護師たるもの、体が資本です。 体調が悪いのに、我慢していると取り返しの付かないことになってしまいます。

 

それから、夜勤もそうですが残業の多い職場がけっこうあります。 看護師の残業は、もちろん奉仕残業でその分の残業手当は出ないのが普通です。

 

残業が多い職場というのは職場全体が残業は仕方ない、という雰囲気であったり、残った業務は残業すればいいや、という考え方だったりすることが多いので、それを改善していこうという気持ちがないことがほとんどです。 上司がそういう考え方だと、先に帰ることも出来ないので新人もそれに習ってしまいます。

 

残業が日常化してしまうと、プライベートの時間を充実させることが出来ないだけでなく、体の疲れが取れません。 残業手当も出ないのに、大事な時間を割くのはナンセンスです。

 

慢性的になあなあで残業を当然とする職場は、さっさと退職しましょう。 新たな職場を探すほうが、ずっと有意義でずっと賢明です。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧