退職の手順|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

退職の手順

看護師が転職をする際には、当然のことながら前の職場を退職しますよね。 ただ、一言で退職と言いますが、退職にはそれなりの手順というものがあります。 ここでは、看護師の退職の手順についてご紹介していきます。

 

上司への報告
退職をする際には、退職の意志を直属の上司(師長など)に伝える必要があります。 退職の意志を伝える時期については、職場ごとに就業規定が設けられているはずなので、それを確認してもよいでしょう。 しかしながら、本来は退職の意志が固まった際に、速やかに伝えておくようにするのがベストだと思います。 引き止められることもあるかとは思いますが、目的があっての転職であることをしっかり伝えれば、臨機応変に対応してくれるはずです。

 

退職日を決める
上司に退職の了承を得ることができたなら、退職日を決めていきます。 上司と相談する必要がありますが、転職先が決まっている場合は、希望の退職日を確実に伝えます。 そうじゃないと、退職を後伸ばしにされる可能性があります。

 

退職願の提出
退職日がはっきり決まったら、退職願を作成し提出します。 退職願には、一般的に決まっている書き方がありますが、職場によっては指定の書き方を決めたフォーマットを用意している職場が結構あります。 退職願を作成する前に必ず確認しておいてください。

 

業務の引継ぎ
だいたい退職の1ヶ月前から1週間前くらいまでに、業務の引継ぎを行います。 メモやデータを残すなどして、後任が困らないように引継ぎを済ませましょう。 退職後に不明な点が出てくることも考えられるので、退職後の連絡先(電話番号やメールアドレス)を伝えておくと、後任も安心できることでしょう。

 

退職の準備
それから、退職の際には職場から受け取るべきものと、職場に返却すべきものがあります。 職場によって多少異なりますが、返却期限がある場合もあるので、退職日までに関係部署に確認しておくようにします。

 

通常、職場から受け取るべきものには、雇用保険被保険者証、雇用保険被保険者離職票、年金手帳、源泉徴収票などがあります。 また、返却すべきものには、健康保険被保険者証、院内貸与のユニフォーム、ネームプレート、更衣室のロッカーの鍵、職場から借りている文献や資料などがあります。

 

また、退職をする際には、健康保険や雇用保険、税金、年金などの手続きが必要になってきます。 事前に確認したいことなどがある場合には、退職の前日までに総務課などに確認をしてくとよいでしょう。

 

退職の当日
そして、退職の当日は、これまでお世話になった職場の方への感謝の気持ちを伝えるべく、挨拶を行いましょう。 看護部長への挨拶は、退職当日に伺います。 ただ、看護部長は忙しいことが多いので、挨拶のタイミングは師長などに確認するようにしましょう。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧