志望動機の書き方|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

志望動機の書き方

看護師が転職をする際に、履歴書で1番頭を悩ませるのは志望動機だと思います。 転職先への志望動機は、面接でも必ず聞かれることです。 だから、履歴書を書く時点で1度きちんとまとめておくと、面接の際に活用できます。 ここでは、履歴書に志望動機をどう書くか、についてご紹介します。

 

なぜ転職先で働きたいのか、というのが志望動機になるわけですが、確固たる動機があればそれを書くようにします。 例えば、転職先が過去に家族が運ばれたことのある救命救急センターだったとしたら『家族が救急車で運ばれた際に一生懸命に処置にあたってくださったスタッフの方々の姿に感銘を受け、救命救急のスペシャリストを目指すことで、看護の幅を広げることができたら、と考えております。

 

また貴院に運営しているホームページを拝見させていただきまして、病院の治療方針や病院目標・計画・医療従事者の働く姿や患者様の評判や地域医療の評判の高さを見て、ぜひ貴院のスタッフとして働きたいと思いました。』などとすると良いでしょう。

 

でも、そんなに大きな理由がない場合もあります。 しかし本音を言えば、これまでの職場より給料が高いから決めたという場合もあることでしょう。

 

そういう場合、それを正直に書いてしまうと、やはり印象としてはあまり良くないものとなってしまいます。 ですので、そういうときには何か前向きで好印象の志望動機を作り出す必要があります。 方向性としては、これまでの経験を踏まえて、今後に繋げたいあるいはスキルアップを目指したいといった前向きなものが好感度はあがります。

 

例えば『看護師として経験を積んでいくのに最適な現場だと考えたから』『これまでの業務で身につけた技術をもっと積極的に生かしたいと思ったから』というような感じです。

 

ただ、あまりにも作りすぎた文章を書くと、履歴書上では大丈夫でも面接の際に突っ込んだ質問をされることがあります。 ですから、自分自身の中でどう転んでも受け答えができるような感じの志望動機を心がけるようにしましょう。 もちろん、面接の際に志望動機は必ず聞かれますので、履歴書に書いた動機を自分の言葉で自然に伝えられるように準備しておくようにしてください。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧