履歴書の書き方|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

履歴書の書き方

転職の際にも初めて就職する時と同じように履歴書を書くことになります。 ここでは、転職に役立つ履歴書の書き方についてご紹介します。

 

履歴書は、これまでのことを記したただの書類ではありません。 転職の際に、あなたという人を位置づけるものであり、第一印象を与える重要な文書です。 有能な人事担当だと、その書き方や字をみただけで、その人の人となりがわかるそうです。 書き方には、十分に気をつけましょう。

 

まず筆記用具ですが、黒のボールペンか万年筆を使用します。 慣れている、ということを考えれば黒のボールペンが妥当でしょう。

 

また、字が下手な人はその事ばかりを気にしますが、丁寧に気持ちを込めて書くことの方が大事です。 字を丁寧に書いたのか適当に書いたのか、ということは見ればすぐに分かるものです。

 

それから、誤字脱字を訂正したい場合には、修正液や修正印、二重線で修正する方法は使いません。 必ず、別の新しい履歴書に書き直しましょう。

 

さらに、履歴書を毎度毎度書くのは面倒だといってコピーする人がいますが、これは絶対にダメです。 面倒臭がらず、面接する職場の数だけ書くようにしてください。

 

あとは、できるだけ空白を作らないように、書けるところはすべて書くようにします。 その方が、一生懸命に記入しようとした気持ちが伝わります。

 

転職の際の履歴書記入は、書き方については一般的なものと変わりないのですが、注意すべきは「職歴」の欄です。 つい、短期で働いた仕事は省略しがちですが、これらはすべて細かく書くようにした方がいいです。

 

職歴の一行目に「職歴」と記入したら、正職で働いていた医療機関や会社は全て記入していきます。 通常、パートやアルバイトに関しては絶対に記入しないといけないわけではありませんが、自分自身のアピールになるのであれば、長期間就業したアルバイトやパート歴も記入するといいでしょう。

 

職場の名称だけでなく、所属部署や科も「小児科 病棟勤務」のように、必要に応じて簡単な仕事内容を加えてもかまいません。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧