面接で質問されること&答え方|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

面接で質問されること&答え方

転職の際の面接での質問は、新卒で就職するサイトはちょっとだけニュアンスが違ってきます。 1番多いのは「前の職場を辞めた理由はなんですか?」という質問です。 これは、どこに転職をしても必ずと言っていいほど面接で聞かれます。

 

でも「人間関係が嫌で辞めました」とか、「お給料が安いので辞めました」などと、本音を正直に答えてしまうと、残念ながら印象は悪くなってしまいます。 でも、とっさに好印象の答えが口をついて出るわけでもありませんよね。

 

そこで、看護師が転職の際に面接で質問されることと、その答え方についてまとめてみたいと思います。 おおよそ、どこの面接でも質問される10項目と答え方のポイントは以下のとおりです。

 

前の職場を辞めた理由
正直にいう必要はありませんが、自分の気持ちとかけ離れたものを作り上げても言葉に詰まります。 もし人間関係が原因でも、前職の病院や人間関係を非難するのではなく、前向きな理由を考えておきましょう。

 

この病院を転職先に選んだ理由
転職先がその病院でならなかった理由を、自分の言葉で説明できるよう練習しておきましょう。

 

看護師になった理由・看護観
看護観は、面接官の関心が高いポイントになります。 なぜ看護師を目指したのか、看護師として大切にしていることは何か、などの質問に対応できるようにしておきましょう。

 

前の職場での職務
この質問は、どんなキャリアがあるのか、即戦力として働けるかどうかを知りたいために行われるものです。 プリセプターなどの経験があればアピールポイントになります。

 

インシデントの経験
医療事故が社会問題ともなっている現状で、こういったヒヤリ・ハットの経験があるかどうかを確認することもあるようです。 面接官が知りたいのは、医療事故に対する意識です。 事故防止に対して工夫してきた点などについて述べるといいでしょう。

 

転職先で働く際、大事な事は何か
ずばり順応性を知るために質問されるものです。 きちんと新しい職場のやり方に従える柔軟性を伝えられればOKです。

 

人間関係を構築する上で大切なことは何か
この質問も、同じように確かめたいのはあなたの順応性です。 まずは相手を受け入れることが必要だ、というように、人間関係が良好な職場にしたい気持ちや、その実現ができるという点をアピールできれば良いでしょう。

 

いつから勤務できるか
職場によっては、すぐに働いて欲しいところもあるので面接のときに即決するケースもあります。 前の職場での引継ぎのことを考慮して、慎重に返事しましょう。

 

他に選考を受けている所はあるか
内定を出した場合に、ちゃんと来てくれるかを知りたいのです。 もし、その病院が第一志望なら、はっきりとそれを伝えることが必要です。

 

仕事以外に打ち込んでいることはあるか
人は、趣味やプライベートが充実している方が、仕事にも打ち込めるし長続きするということを前提に質問されるものです。 映画鑑賞でも旅行でも、好きなことについて答えるといいでしょう。

 

他にも「上司や同僚、後輩や患者からどんな人だと言われるか」「病院を取り巻く社会情勢について」「スタッフ間で問題が起こった際にどう対応するか」「配属希望とその理由」「病院側に対する質問」など、質問されることもあります。 事前に面接の質問を想定して、回答する練習をしておくと面接の日に焦ることはないと思います。

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧