看護師の平均年齢と年齢層|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

看護師の平均年齢と年齢層

日本の看護師の全体平均年齢は38歳くらいだと言われています。 看護師の仕事は体力仕事だとも言われ、年齢を重ねて高齢になってくると、今までこなしてきた仕事量を行うと疲れやすくなったり、からだがついていかない場合もあるのではないでしょうか。

 

そのため、年配の看護師の役割は現場で働く看護師の仕事から、管理職の仕事へ切り替わっていくことも必要なことなのです。

 

日本全体の看護師の平均年齢は38歳くらいですが、病院あたりでみるとその平均年齢は偏っているところが多いと言われています。

 

大学病院などの病院の平均年齢は20代が多いと言われ、地域の慢性的な病院では40代くらいの平均年齢の病院が多いとの報告があります。

 

この平均年齢の偏りはなぜ起こっているのでしょうか? 病院勤務の看護師の平均年齢が偏っている背景としては、結婚や出産によって働く環境の適正が変わったことがあげられます。

 

20代の若いうちは、少しくらい忙しくても独身と言うこともあり、残業や休日出勤もしやすい環境にあります。 フットワークも軽いので、大学病院などの大きい病院で担当場所が変わっても適応する柔軟さがあります。

 

しかし、結婚して出産すると、子育てや家族の行事が増えるので、残業や休日出勤などが難しくなっていきます。 その為、忙しい職場で働くことができなくなります。

 

子どもが小さい間は、夜勤などもできない看護師も出てくるのではないでしょうか。 このように結婚して出産した看護師にとって働きにくい環境である大学病院などでは、20代の看護師に偏った平均年齢となってしまうのです。

 

看護師によって働く環境の適合性はありますが、病院によって偏った平均年齢はあまりよくありません。 年齢層が偏ってしまうと、看護知識の偏りや考え方の偏りが生まれます。

 

特に若い看護師ばかりの場合、看護師としても経験不足の懸念もあります。 病院などの大きな組織ほど、年齢層が万遍なくバラついていた方がいいのです。

 

看護師の平均年齢の偏りを解消するためには、子育て世代に働きやすい環境が作られなければいけません。 看護師は女性の多い職場です。 この問題が解決されない限りは平均年齢の偏りはなくならないでしょう。

看護師転職サイトを比較して自分に合った所を探す

看護師求人サイトの上手な使い方。登録のコツなどは「看護師求人サイト登録のコツ」にまとめています。転職初心者の方。求人をお探しの方は効率よく就職活動をするための参考にぜひご覧ください。この事を知っておくだけでもグッと転職に成功する可能性が高まります。
利用者満足度で比較 求人案件数で比較 求人取扱い地域で比較
探しやすさで比較 転職支援金で比較 コンサルタントで比較

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧