看護師の問題!厳しい看護師の現状とは|現役看護師が教える求人サイト活用術

看護師WEB

看護師の問題!厳しい看護師の現状とは

看護師の現状についてみていきましょう。 看護師という職業は多くの人が資格を取得し、病院や介護施設などで働いています。

 

しかし、高齢化で少子化が進む日本では、看護師不足という現状が深刻化する一方なのです。 看護師不足の対応として、看護教育の学校増設が行われてきました。

 

看護師育成の為に、奨学金制度もしっかり整えられていますし、男性看護師の増進にも力が注がれています。 このような対策が様々とられている中、看護師不足の厳しい現状はなぜ改善されないのでしょうか?

 

看護師不足の現状が改善されない問題は、看護師が俗に呼ばれている3Kに分類される仕事だからです。 3Kとは、きつい、汚い、危険の3つのKが揃っている仕事のことです。

 

看護師の仕事は、やりがいもあり、給与も高く、仕事先の需要があるために人気な職業とも言われていますが、現状はその理想と3Kを実際に体験した過酷さとのギャップから、看護師職を離れる人が多いとも言われています。

 

現在の看護師の仕事は3Kと呼ばれるどころか9Kと言われ、その仕事のハードさが表されています。 看護師の仕事の現状がこんなにも多忙化している背景には、職務内容の役割の増加があげられます。

 

これまで医師しか行うことの出来なかった注射や点滴を看護師でも行えるようになったり、カルテの整理や患者さんの記録などに使う時間がこれまでより増えたり、急患が入ることにより退勤時間がきても仕事を続けなくてはいけない場合があったりと、看護師の役割は身体ひとつではカバーできないほどたくさんあるのです。

 

こんなにたくさんの仕事量を抱えている看護師なので、結婚して出産や子育てをしながらの、仕事の両立は大変難しいのも看護師不足の現状を悪化させる要因にもなっています。

 

産後に復帰したくても求められる仕事量から復帰することができずに、退職を余儀なくされる職場環境が、看護師の離職率を増進させているのです。 日本には現在、看護師の資格を持っているのに、その仕事に就いていない人が50万人以上いると言われています。

 

この資格保有者が看護師に復帰することにより、看護師不足の問題は大きく軽減されることでしょう。 日本はこの現状を深刻に受け止め、看護師として働くことのできる資格保有者が復帰したくなる方法を考えなければいけないのです。

看護師転職サイトを比較して自分に合った所を探す

看護師求人サイトの上手な使い方。登録のコツなどは「看護師求人サイト登録のコツ」にまとめています。転職初心者の方。求人をお探しの方は効率よく就職活動をするための参考にぜひご覧ください。この事を知っておくだけでもグッと転職に成功する可能性が高まります。
利用者満足度で比較 求人案件数で比較 求人取扱い地域で比較
探しやすさで比較 転職支援金で比較 コンサルタントで比較

ホーム 看護師転職の流れ 転職サイト活用術 転職ガイド 転職サイト 一覧